{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

京十一番親王飾り「箔入:菊花文錦(白)」

残り1点

275,000円

送料についてはこちら

菊は「身を軽くし、気を益し、人の寿を延ばす。」といわれ、四君子文の一つに数えられます。その菊花を箔糸とともに白色地に織り上げた衣装をまとった雛人形です。十二単の色遣いにも白色で統一し、単には鳥の子色の紗の織物を用い、色遣いに変化を持たせました。セパレートタイプの飾台と衝立は磁石で立たせる構造になっており、飾る場所と飾り方にアレンジのきいた設計になっております。 丸型の金の衝立と雛人形の衣装と色遣いが、荘厳さと尊さを演出し、御目出度い初節句に華を添える、桂雛の雛飾りです。 古典の色遣い 襲(かさ)ねの色目:氷襲 ※手づくりのため柄行が画像とは異なる場合があります。 寸法:間口56cm×奥行28cm×高さ20cm (左右の飾台を付けた状態での寸法になります。)

セール中のアイテム