{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

京十一番親王MARU飾「吉祥雲文錦」

残り1点

198,440円

送料についてはこちら

雲は雨をもたらし、それが森や田畑に豊かな実りをもたらす、吉祥として尊ばれた文様です。古来より様々な意匠で表現され、この雛人形の衣装に使用した雲文は、黒色地に艶消しの上品な金箔と共に織り上げ、とても特徴的で豊かな表現で織り込まれた西陣織です。 丸い飾台に、赤茶色の手漉き和紙は、西の内和紙 手漉き和紙職人「菊池大輔氏」に依頼。表面には水面に落ちる雨跡をイメージし、落水の技法で仕立て上げ、光の陰影で表情を楽しむことのできる演出も兼ねております。 カジュアルな飾りの中にも格式のある桂雛の雛飾りです。 古典の色遣い 襲(かさ)ねの色目:橡(つるばみ)匂い ※手づくりのため柄行が画像と異なる場合があります。 寸法:間口40cm×奥行40cm×高さ25cm

セール中のアイテム