{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

別所実正作 六号 貫前神社 大鍬形之兜

Last 1

245,300 JPY

About shipping cost

日本で最大級の鍬形といわれている、群馬県にある貫前神社所蔵の鍬形の形を模して制作した兜です。小さな鉢に対して高さと鋭さを兼ね備えた 見ごたえある大鍬形は、圧倒する威厳さと力強い兜姿です。金物には子孫繁栄を表す唐草模様で統一し、渋さと優雅さの相反する形容を兼ね備えております。 また背景の屏風には、手摺唐紙を使用。鳥の子色の和紙に、手業で姫子松を金泥で装飾を施しました。松模様の中でも若芽の姫子松は、強い生命力の象徴。天に突き刺さる勢いの鍬形と、姫子松模様の意味合いなど、凛とした雰囲気の中にも躍動感あふれる桂雛の甲冑飾りです。 鍬形:梨地仕上げ、猪の目 縅糸色遣い:濃紫 ※手づくりのため柄行や色調などが画像とは異なる場合がございます。 ※屛風や飾り台など装飾品を含めた価格になります。 寸法:間口40㎝×奥行40㎝×高さ34㎝

Sale Items