NEWS

“桂雛”公式Web Shopの雛人形が揃いました。

“産まれて初めて触れるアート”
このコンセプトが生まれたのは、ある大学教授から頂いた言葉でした。
「子供の感受性を育むのは、地域に根付いた文化や風習に触れさせるのが一番なんだ。だから桂雛の仕事には意義があるのだよ」
いまでも、このいただいた言葉が羅針盤の役目になり、作業机に向かう際、迷ったとき、生地との出会いの時など、様々な場面で良い方向へと導いてくれます。

今年も沢山の生地との出会いから始まり、初春から仕掛かりはじめた雛人形たちが揃いました。

“生まれて初めて触れる雅(アート)”

雛人形に日本の文様文化と色彩文化を託すことを想い、そして皆様の雛人形とのストーリー作りと、目には見えない感受性を育むお手伝いが出来たら嬉しく思います。