{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

京十一番親王飾「本藍染:葡萄唐草文錦」

残り1点

通常価格 234,850円

223,108円

5%OFF

送料についてはこちら

男雛の意匠には、本草木藍染めを施した「葡萄唐草文錦」を、女雛には繊細に尾長鳥文を織り上げた西陣織を使用しました。葡萄文は、生命の樹と称され、。豊穣や繁栄を表し、尾長鳥文は、楽園から飛来し幸福を運ぶ吉祥の意味合いを持ちます。 飾台には、会津塗:山田平安堂に依頼したもので、シンプルな形状ながらも繊細な塗りが施されています。 屏風には京都の唐紙師:丸二による手摺唐紙で、様々に舞う群鶴の意匠で、瑠璃紺色で摺り上げました。 日本人にとって最も好む色は“青色”だそうです。数種の青色を古典に則って表現した桂雛の雛飾りです。 古典の色遣い:襲(かさね)の色目・・・・香(こう)の匂い ※手づくりのため柄行が画像とは異なる場合があります。 ※画像の色味と実物とでは微妙な差異がでる場合があります。 寸法:間口55㎝×奥行30㎝×高さ22.2㎝

セール中のアイテム