{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

京十一番親王飾「連山文錦」

残り1点

234,520円

送料についてはこちら

男雛の衣装には、利休茶色の「連山文錦」を、女雛には浅緋色(うすきひいろ)の「連山文錦」を着せ付けました。是非とも衣装に目を凝らし見ていただきたいです。誇張表現された山の輪郭ですが、繊細に表情が異なり、まるで春夏秋冬を表現しているかのよう。極細の絹糸だからこその表現手法です。 飾台には、会津塗:山田平安堂に依頼したもので、シンプルな形状ながらも繊細な塗りが施されています。屏風には京都の唐紙師:丸二による手摺唐紙で、様々に舞う群鶴の意匠で、薄萌黄色で摺り上げました。 しっとりした色表情の雛飾りですが、一歩身を引いて愛でたくなるような品格漂う桂雛の雛飾りです。 古典の色遣い:襲(かさね)の色目・・・・梅襲(うめがさね) ※手づくりのため柄行が画像とは異なる場合があります。 寸法:間口55㎝×奥行30㎝×高さ22.2㎝

セール中のアイテム