{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

京十番親王飾「流水桜文錦」

残り1点

通常価格 270,050円

256,548円

5%OFF

送料についてはこちら

男雛の衣装には黒色地の流水桜文錦を、女雛の衣装には桃色地の流水桜文錦を着せ付けました。桜は日本では春を表現する代表的な花で、流水文は清らかさを意味します。水文は常に流れと共に表現されていて、私の祖父が良く“水回りをきれいにする”躾として、流水文の話をしていました。「水は常に流れるよう、溜めておいてはいけない。だから水文は常に流れと共に描かれる文様なのだよ・・・・」と。その言葉を思い出します。 屛風は、表具師:京都北村松月堂の手による本装屏風「御衣黄桜(ぎょいこうさくら)」になります。 まだ寒の抜けない桃の節句。少し季節を先取りし、春が待ち遠しくなるような桂雛の雛飾りです。 古典の色遣い:襲(かさね)の色目:梅襲(うめがさね) ※手づくりのため柄行が画像とは異なる場合がございます。 寸法:間口80㎝×奥行40㎝×高さ38㎝

セール中のアイテム